ネットワークエンジニアの休息

1,000人の会社でNo.1になる方法。きっと何かを変えるヒントがあると思います!!

【NW】~ネットワークエンジニアの4つの仕事と資格~

ポチッと応援をお願いします(*´▽`*)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

 今回のテーマは、【NW】~ネットワークエンジニアの4つの仕事と資格~です。ネットワークエンジニアのお仕事ってなかなか知られていないので、記事にしてみようと思います。

  

 

◎ ネットワークエンジニアの仕事内容

〇 要件定義

f:id:kazu-network:20180223151623j:plain

 実は、ネットワークに要件ってないんです。そもそもネットワークって現実世界で言うところの道路みたいなものなんです。その道路に要件がないのと同じです。

 

 道路にも要件があると思う人もいるかもしれませんが、そんなことはないんです。『どんな道路を作ろうかな~?』って思って道路を作る人はいないですよね。道路を造る際に考えることは、以下のようなこととなります。

 

・どこと、どこをつなげる道なのか?

・どんな車が通るのか?

・どのくらいの速度で走るのか?

 

 このようなことを考えて道路は作られるため、道路だけでは意味がないのです。家やビルなどをつなげるために道路を作ったり、車や人の量などによって道幅などが決まるのです。ネットワークも同じです。

 

・どのサーバとどの端末をつなげるのか?

・どんなパケットが流れるのか?

・どのくらいの通信帯域を使うのか?

 

 

 このような観点でヒアリングすることでネットワークが決まるのです。つまり、パソコンやサーバによってネットワークの規模が決まったり、データ量などで帯域が決まるのです。

 

  

〇 ネットワーク設計

 前工程で定義した要件を、具体的にどのネットワーク機器を使って実現するのかを検討するフェーズです。ただお金をかけて豪勢な構成を作ればいいというわけではなく、限られたユーザ予算の中でいかに要件を満たすかが重要となるのです。

 

 よく企業で使われている構成は、メインセンタとバックアップセンタの他に、本店・重要拠点・一般拠点などに分類して検討するのが一般的です。分類された拠点の重要度に応じて、信頼性・可用性・安全性・通信帯域などのレベルを決めることで、過度な投資を避けることが出来るのです。

 

  

〇 ネットワーク構築

f:id:kazu-network:20180223151721j:plain

 設計した内容を、ネットワーク機器に実装するフェーズです。ここで初めてコマンドというものを入力して設定していくのです。気を付けないといけないのが、実装する機器やOSには必ずバグがあるということです。

 

 企業に導入する機器なんだからバグなんてないでしょ?なんて思っている人が多いのですが、たいていの機器にはバグがあるのです。それを踏まないようにするために、必ず検証をするのです。一番理想的なのは、すべての機器を本番環境と同じ物をそろえて検証するのが一番ですが、そうできないのが実態です。その場合は、どこまで検証するのか、どこまで検証できたのかをまとめておくのが大切です。

 

 検証が終わったら、実際にラックに機器を搭載して、ケーブルを接続していくのです。その際は、フリーアクセスという底上げの床などを剥がして、ケーブル配線をしたりします。

 

 エンジニアって聞くとカッコいいイメージがあるかもしれませんが、意外と泥くさい仕事の方が多いのかもしれません。

 

 

〇 運用、監視

 前のフェーズまでが、ネットワークを作るまでのお仕事ですが、作ったらおしまいではないのです。作ったものを安定運用させる必要があるのです。実は、こっちの方が重要なんですね。エンジニアのお仕事って作ることがクローズアップされることが多いのですが、実際に重要なのは運用・監視なんです。

 

 大体、要件定義から構築が完了するまでが、1〜2年程度のプロジェクトであることが多いのですが、運用される期間は5~10年となります。構築の期間と比べても5倍以上もあるんです。この期間を安定稼働させることの方がはるかに大変で重要となるのです。

 

 最も重要な観点は、機器は壊れるということです。故障から発見までをいかに早く検知し、対応出来るかでお客様からの信頼は変わるのです。

 

 また、この故障している間に与えていい影響度を、事前にユーザと詰めておくことが重要なのです。ここの認識にズレがあると必ずクレームになります。

 

 

◎ 必要なスキル

 僕が10年以上仕事してきてネットワークエンジニアの仕事をしていく上で必要と思われるスキルは、以下の3つになります。

 

・ネットワーク技術

・コミュニケーション

・向上心

 

 最初のネットワークスキルは当たり前ことのように思われますが、よく、「プロジェクトマネージャーだから、ネットワーク技術はいらない」という人がいます。以前の記事にも書きましたが、プロジェクトマネージャーだからと言ってネットワーク技術がいらないなんてことはないです。

 

 次のコミュニケーションは、独り善がりのエンジニアにならないために必要なスキルです。エンジニアのお仕事って人とのコミュニケーションがあまりなくても出来るイメージを持たれている方がいるかもしれませんが、それは間違いです。目に見えないネットワークというものを、ユーザに伝えて理解してもらうことは、とても難しく重要なお仕事なのです。

 

 最後の向上心は、スキルではないように思われるかもしれませんが、僕はあえてスキルとしたいと思います。エンジニアの業界でもアプリ開発などは形になり、ユーザからも評価されやすい分野ですが、ネットワークって地味な世界です。

 

 つまり、他者からの評価がされにくい業界であるが故に、向上心というものが失われがちになります。そして、技術追求という物がなくなっていく人が多い中、人から認めてもらうためでなく、自分の成長のため努力し続けられる人に向いている仕事です。

 

 

◎ 必要な資格

 ネットワークエンジニアの仕事をしていく上で必要となる資格を紹介しておきます。ぜひともコンプリート出来るようにがんばりましょう!

 

ネットワークスペシャリスト

 ネットワークエンジニアとして最も求められる資格の一つですね。国家資格であるため失効されることはないので、是非とも目指してもらいたいです。詳細はこちらの記事で書かれているので、読んでもらえればと思います。

 

www.kazunetworkpm.xyz

 

 

〇 プロジェクトマネージャ

 ネットワークエンジニアに限らずですが、エンジニアは一人で仕事することよりも複数人で仕事することが多いです。そのようなスタイルで働くとどうしてもマネージャーが必要となります。そのマネージメントの資格として求められる資格となります。詳しくはこちらの記事を読んでもらえればと思います。

 

www.kazunetworkpm.xyz

 

 

〇 CCIE(Cisco Certified Internetwork Expert

 Cisco社が主催の資格で、最高級クラスの資格です。合格するまでに必要となるのは筆記試験とラボ試験の2つに分かれます。筆記試験は選択式で2.5時間で100問を解く必要があります。試験言語は英語となります。

 

 またラボ試験は8時間となってり、その間試験会場からはトイレ以外に出れないような試験です。試験官が1人いますが、その試験官も外国人ですので説明や質問も全て英語となりますので、最低限の英会話は必須です。

 

 気になる受験料は、米ドル換算となるので時期に応じて金額に違いが発生するのですが、大体、筆記が5万円前後、ラボ試験が20万円前後となります。かなり高額試験ですね。。

 

CCNPCisco Certified Network Professional)

 こちらもCisco社が主催してしてる資格の1つで中級クラスの資格です。CCIEの1つ下のランクとなります。こちらは、3科目試験でそれぞれを別々の日に受験することが可能ですが、すべて合格するまで取得となりませんので要注意です。

 

 ちなみに3科目は、Route、Switch、Tshootとの3つとなり、それぞれが4万円弱となっており、3科目で12万円くらいかかる計算となります。CCIE程じゃないにしても、結構高額な試験です。

 

 また、Cisco社の初級資格のCCNACisco Certified Network Associate)を合格していることが必要条件となりますので、こちらも注意が必要ですね!

 

 

PMP(Project Management Professional)

 PMI主催の試験で、プロジェクトマネージャをやっていくのであれば、必要不可欠の資格ですね。PMBOKというマネージメント知識にそって出題される試験で4時間で200問が出題されます。経験と言うよりも知識が必要なる試験ですのでしっかりと勉強しないと合格は厳しいと思います。詳細は、以下で確認してください。

 

www.kazunetworkpm.xyz

 

 

◎ まとめ

 いろいろ書いてきましたが、ネットワークエンジニアとしてもっとも重要と思われることは、『ネットワークが好き』であることです!ネットワーク機器からPing疎通ができたことが嬉しかったり、トラブルが発生した時にパソコン抱えて走っていく後輩なんかを見ていると、なんだかうれしい気持ちになりますよね。

 

 僕らエンジニアは、不可能を可能にする仕事だと思います。携帯電話の普及もこんな小さな電話で、どこでも話せるようになるなんてことを、昔の人が想像したでしょうか?あり得ないことをあり得るようにしてきたからこそ、今があるのだと思います。

 

 良い大学を出ることや、理系であることがエンジニアに向いているのではなく、出来ないことに対して、出来る方法を考える!そのように考えられる人がエンジニアに向いているのだと、僕は思います。

 

 

【こんな記事も書いています】  

www.kazunetworkpm.xyz

www.kazunetworkpm.xyz

www.kazunetworkpm.xyz

 

 

 

※ いつもコメントブックマークありがとうございます。励みになります。

※ 面白かったらコメントブックマークを付けてもらえると嬉しいです。

 また、読者も募集していますので、ぜひともよろしくお願いします。