ネットワークエンジニアの休息

1,000人の会社でNo.1になる方法。きっと何かを変えるヒントがあると思います!!

【無責任な責任者】 ~あなたの言う責任って何?~

ポチッと応援をお願いします(*´▽`*)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

こんにちは!カズです!

 

 今回のテーマは、【無責任な責任者】 ~あなたの言う責任って何?~です。

 

◎ 会社での話

 僕の会社の人たちは無理が好きなようで、すぐに短納期の仕事を受け入れてくる。すると、必ずこんな会話が繰り広げられる。。

 

f:id:kazu-network:20180202083718j:image

f:id:kazu-network:20180202083825j:image

f:id:kazu-network:20180202083732j:image

f:id:kazu-network:20180130090852j:image

 

 

 この会話をしているうちに、疑問を持つようになりました。それは『責任』です!この上司の言うところの責任ってなんでしょう?

 

 

◎ お金の責任

 この上司の言うところの『責任』とは、お金を払うことで責任を取ると言っているのです。それはお客に対してもそうですし、それにかかる稼働(僕らの人件費)に対しても会社として払うことで責任を取ると言っているのです。

 

 しかし、それって本当に責任を取っていると言えるのでしょうか?だって、本来、かからなくていいコストに対して払っているだけですよね?人件費だって働いた分に対して払っているだけですよね?普通じゃね?って思うわけです。

 

 そして、一歩間違えれば、『金さえあれば何をしてもいい!』ってことになりますよね。それは間違いです。

 

 

◎ トラブルを解決する責任

 『責任を取るって言ってもトラブルが発生したら、火消しをするのは僕らでしょ?そうなると、結局、責任取らされるのは作業者じゃん!』 これは、僕が以前まで考えていた責任です。

 

 しかし、これも間違いなんですよね。なぜなら、トラブルが発生したのであれば、火消しをするのは当たり前。作業をしなければやらなくていい作業なんです。つまり、マイナスからゼロにする作業でしかないのです。ミスを取り戻すだけの作業は、責任を取ったことになりません。

 

 

◎ 再発防止

 本当の意味で責任を取ると言うことは、二度と同じトラブルを起こさせないように徹底的に原因究明して、対策を施すことなのです。ここで重要となるのが、『徹底的に』というところなのです。

 

 適当な気持ちで行っている原因究明は、ほとんどの場合が無意味です。というのは、同じ事象であっても原因によって対策が全く異なるからです。メールの誤送信を取り上げた場合、忙しい中でチェックをせずに送信してしまったのか?それともチェックをしたものの同姓同名の人に間違って送ってしまったのか?などの理由に応じて対策は全く違うのです。

 

 そう言った原因を明確にし、同じような事故が二度と起きないようにすることが大切なのです。それは、風化せずに永続的に行っていくことの努力は、お金やトラブル対応なんかと比べ物にならなくらい大変なものなのです。

 

 

◎ まとめ

 責任とは、お金を払ったり、失敗を取り戻すことは当たり前のことであり、誇れることではないのです。本当にやらなきゃいけないのは、その先のこと。

 

 次に同じことをやらないようにすること、つまり『反省』につながるのです。人間なので失敗は必ずあります。この失敗から何を学ぶのかが重要となります。

 

 その場限りの『無責任』発言に流されず、今やるべきことが何なのかを今一度考えてみてください。それってトラブルにかかる『責任』に見合うだけの仕事になっていますか?

 

 

 

 

【こんな記事も書いています】

 

www.kazunetworkpm.xyz

www.kazunetworkpm.xyz

www.kazunetworkpm.xyz

 

 

 

 

※ いつもコメントブックマークありがとうございます。励みになります。

※ 面白かったらコメントブックマークを付けてもらえると嬉しいです。

 また、読者も募集していますので、ぜひともよろしくお願いします。