ネットワークエンジニアの休息

1,000人の会社でNo.1になる方法。きっと何かを変えるヒントがあると思います!!

【1クリック】~Wake On LANでパソコンを起こせ!~

ポチッと応援をお願いします(*´▽`*)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

今回のテーマは、【1クリック】~Wake On LANでパソコンを起こせ!~です。 

 

 

Wake On LANとは

 Wake On LANとは、パソコンの起動を起動ボタンを押さずに、他のパソコンや携帯で起動させるシステムです。特にデスクトップPCとかであれば、足元にあったりで起動ボタンを押すのがめんどくさかったりしませんか?

 

 また、起動ボタン押しても操作可能状態になるまで時間がかかるので、起動ボタンを押すためだけに一度、パソコンの前に来てあがってくるのを待っていたりしますよね?それを解消してくれるのが、Wake On LANなのです。(※それ以外の目的もありますけどね。 )

 

◎ 設定の仕方(起動したいPC)

 まず起動させたいパソコン側の設定をしていきます。ちなみに設定しているパソコンは、Windows10になります。

 

 Windowsボタン』Windowsシステムツール』『コントロールパネル』をクリックすると以下のような画面が表示されます。その中から『デバイスマネージャー』をクリックして下さい。

 

f:id:kazu-network:20180128220017j:plain

 

 次にデバイスマネージャの表示内容から『ネットワーク アダプター』から自分が使っている優先LANのデバイスを右クリックして『プロパティ』を選択してください。

無線LANはパソコンや無線LANルータ側でサポートしてないことが多いので使用する場合は、注意してください。

f:id:kazu-network:20180128220036j:plain

 

 プロパティ画面から『詳細設定』タブを選択して、『Wake on Magic Packet』を選択して、値を『Enabled』を選択してください。

※使用するOSやデバイスによっては表記が異なることがあるので、注意してください。

f:id:kazu-network:20180128220051j:plain

 

 次に、『電源の管理』を選択して『このデバイスで、コンピュータのスタンバイ状態を解除できるようにする(O)』にチェックを入れてください。

※『Magic Packetでのみ、コンピュータのスタンバイ状態を解除できるようにする(N)』をチェック入れるかどうかはセキュリティのポリシー次第となります。

 

f:id:kazu-network:20180128220110j:plain

 

 最後にBIOSの設定になります。BIOSとは、Basic Input/Output Systemの略で、パソコンに接続されている周辺機器を制御するためのソフトウェアのことです。

 

 ここで、wake on lanでの起動を許可してあげる必要があるのですが、設定の方法はパソコン毎に違うのでパソコンの型番などから検索してみてください。参考となりそうなURLは以下になります。

 

 

www.atmarkit.co.jp

 

 

◎ 設定の仕方(操作するPC)

 Wake On LANは、コマンドプロンプトからも実行できるのですが、わかりにくい部分もあると思いますので、フリーソフトを使いましょう。僕はWOL Controllerを使っていますので、よければこちらを使ってみて下さい。

 

www.vector.co.jp

 

 上記のサイトからダウンロードしたらソフトを起動してください。そして、以下の画面で『L』を押下して起動したいパソコンの情報を登録しましょう。

 

f:id:kazu-network:20180129182551j:plain

 

 ここに『グループ名』『ブロードキャストアドレス』を登録してください。この『グループ名』は任意で、複数のパソコンをまとめて起動したいときに使用します。次の『ブロードキャストアドレス』は、セグメントの一番最後のアドレスになります。例えば、『192.168.1.0/24』のセグメントであれば、『192.168.1.255』がブロードキャストアドレスになります。登録したら『OK』を押下してください。

 

f:id:kazu-network:20180129182811j:plain

 

 次に、『コンピューター名』MACアドレスを登録します。この『コンピューター名』は、パソコンを認識する名前となりますのでわかりやすいように登録しておいてください。MACアドレス起動対象となるパソコンで調べる必要があります。

 

 調べ方は、Windowsであればコマンドプロントを立ち上げて『ipconfig /all』と入力すると、使用しているイーサーネットのMACアドレスが表示されますので、メモしておきましょう!

 

f:id:kazu-network:20180129183242j:plain

 

 ここまで登録出来たら完了です。それでは起動させてみましょう。先程、登録したパソコンにチェックを入れて、↑矢印のボタンを押下したら起動となります。

 

f:id:kazu-network:20180129183559j:plain

 

 

◎ 設定の仕方(操作する携帯)

 今回は、iPhone7で試してみましたが、問題なく起動出来ました。事前準備としては、先程と同様にMACアドレスが必要となりますので、確認しておいてください。

 

 次に、App Storeを起動して『RemoteBoot WOLをインストールしてください。こんなアイコンが表示されるはずです。

f:id:kazu-network:20180129010639j:image

 

 このアイコンをクリックして、必要な情報を入力してください。

f:id:kazu-network:20180129011041j:image

 

 パソコンの名前、先程調べたMACアドレス、それからブロードキャストアドレスなどを入力したら完了です。

 

 さあ、BOOTを押してみましょう!もしうまくいかないようでしたら、設定をもう一度確認してみてください。

※結構、うまくいかないことが多いので自分のパソコンの型番やOSなどに合わせて、調べてみてください。

 

◎まとめ

 外から帰ってきてパソコン立ち上げて…なんてするのが面倒な方は、帰って来たら携帯から起動させてみたり、外出先から携帯と自宅をVPN接続させて、帰る前から起動させることなんていうのも出来るんですよ。

 

 あ!VPNって言うのは、Virtual Private Networkの略で、端末同士やネットワーク同士をセキュアネットワークで繋がる仕組みのことでなんですが、そのうち記事にしますね!

 

それでは、今回はこの辺で!

 

 

 

 

【こんな記事も書いています】

 

www.kazunetworkpm.xyz

www.kazunetworkpm.xyz

www.kazunetworkpm.xyz

 

 

※ いつもコメントブックマークありがとうございます。励みになります。

※ 面白かったらコメントブックマークを付けてもらえると嬉しいです。

 また、読者も募集していますので、ぜひともよろしくお願いします。