ネットワークエンジニアの休息

1,000人の会社でNo.1になる方法。きっと何かを変えるヒントがあると思います!!

【初対面に強くなろう!】 ~見た目が全てではないが、見た目が入口である~

こんにちは!カズです!

 

 今回のテーマは、【初対面に強くなろう!】 ~見た目が全てではないが、見た目が入口である~です。

 

f:id:kazu-network:20180102150949j:image

 

◎ 人は見た目ではない

 そんなことないです!見た目です!少なくても僕は見た目で判断しています。誤解を招きたくないので正確に書きますが、人の外見は内面を表しているのです。それは残念ながら事実だと思います。

 

 極端の例かもしれませんが、道路で寝ているようなホームレスと一緒に仕事したいですか?大抵の人はしたくないと答えると思います?そこには理由があるからです。

 

 ・なぜ、ホームレスをしているのか?

 ・なぜ、汚い格好で平気なのか?

 ・なぜ、働こうとし始めたのか?(裏があるのでは?)

 

 このようにいろんなことが想像されてしまうのです。一方、きちんとした格好で面談にこられた方はどうでしょうか?

 

 ・整理整頓が出来そう

 ・常識がわかりそう

 ・明るい職場になりそう

 

 などの印象を受け取れるのではないでしょうか?見てもわかる通り、なぜ?』となった時点で、思考としてはネガティブになるのです。相手を疑ったり不信感を持って接してしまうのです。つまり、人は見た目ではないと言われることがありますが、人は見た目です!

 

 

◎ カッコつけよう!

 見た目とは、顔がカッコいいとかかわいいとかではないです。TPOをわきまえた格好をすることが大切なのです。例えば、面談であればスーツを着てネクタイを付けて綺麗な革靴を履いてハキハキと話をする。この姿がカッコよくなければいけないのです。仮に就職の面談が30分だとして、たった30分でその人のすばらしさなんてわかるわけがない。

 

 それは、プラベートでも同じです。バーベキューなどに行った時に、ハイヒールなんかを履いてきたら、男性にドン引きされてしまいます。可愛いつもりで履いてきても、逆効果となってしまう。そのようにTPOを、わきめえた行動が必要となるのです。

 

 

 

◎ 見た目だけでもダメ

 そうは言っても見た目だけでいいわけでもないのです。見た目が良くても、中身がダメなら与える印象は、より一層悪くなる。それを見て、『見た目よりも中身だ!』と言われる方もいます。それは間違えていませんが、それだけではダメなのです。

 

 まずは見た目もよくしなければならない。そうしなければ、内面の評価までしてもらえないからです。内面の足切りにあわないようにするためにも、まずは見た目の基準をクリアしましょう!その後、内面の評価になりますので、内面も良くならなければならないので、ご注意をー!

 

 

◎ まとめ

 見た目よりも中身だ!と思われている方、その考え方はやめた方がいいです。付き合い始めてしまえばその通りだが、付き合うかどうかは見た目も重要となってしまうのです。

 

 その人と一緒に仕事したいかどうか?一緒に生活できるか?などを考える際に見た目を要素から除くは難しいです。

 

 しかし、これを嘆く必要はないです。なぜなら、内面を磨くよりも容易だからです。面談にあった格好やバーベキューにあった格好なんて調べればすぐにわかる。それならあわせた物を用意するだけで、出来ることだけでもやればいい。それだけで、人に与える印象が変わるのです。

 

 見た目が全てではないが、見た目が入口であるを意識して、イメージアップをしてみませんか?周りの見え方が変わりますよ!

 

 

 

※ いつもコメントブックマークありがとうございます。励みになります。

※ 面白かったらコメントブックマークを付けてもらえると嬉しいです。

 また、読者も募集していますので、ぜひともよろしくお願いします。