ネットワークエンジニアの休息

1,000人の会社でNo.1になる方法。きっと何かを変えるヒントがあると思います!!

【ちゃんとキャッチボールできますか?】 ~「返事だけは一人前」で何が悪い!~

 

こんにちは!カズです!

 

 今回のテーマは、【ちゃんとキャッチボールできますか?】 ~「返事だけは一人前」で何が悪い!~です。よく聞く言葉かもしれませんが、返事が一人前で何が悪い?って思いませんか?返事をちゃんとすることがどれだけ大変なことかを?、今一度、考えてみませんか?

 

f:id:kazu-network:20171216163317j:plain

 

 

◎ 返事は重要

 人の会話でもっとも重要とされるのが、キャッチボールです。相手の投げたボールをしっかりと掴み投げ返す。これがキャッチボールだ。返事とは、この一連の動作の事を言うのだ。

 

 この返事が一人前に出来ずして、他に何の仕事が出来るのだ。まずは返事をきちんとすべきです。そしてどれだけの人がちゃんとした返事が出来るのだろうか?このような間違った返事をしていませんか?

 

 

◎ 悪い例①

 

先輩:この資料、来週までに作っておいてくれる?

 

後輩:わかりました。

 

 これは、ダメですね!何がわかったのかが伝わっていないですね。そのため、認識齟齬が起きる可能性がありそうですね。 

 

 

◎ 悪い例②

 

先輩:この資料、来週までに作っておいてくれる?

 

後輩:わかりました。来週までにこの資料を作っておけばいいですね!

 

 

 これもダメですね!来週のいつまでに作ればいいのかがわからないですよね。月曜なのか金曜なのかによって期限は全然違いますよね。

 

 

◎ 悪い例③

 

先輩:この資料、来週までに作っておいてくれる?

 

後輩:わかりました。来週の金曜までにこの資料を作っておけばいいですか?

 

先輩:いや、水曜までに作っておいてほしいな。木曜に見れればいいよ。

 

後輩:わかりました。

 

 

 さっきより、よくなりましたね!でも、まだまだです。この資料をどのようなイメージで作ればいいのか?を認識合わせしておかないといけません。そうでなければ、木曜の朝に全然違うよ!ってなりかねないですからね。

 

 

 

◎ 意外と出来ていないキャッチボール

 こうして見てみるとキャッチボールって難しいですよね?って言うか、「例にあげている先輩の指示が悪いんじゃね?」って思いませんか?そうなんです。そもそもの指示がちゃんと出せないような先輩に限って、『返事だけは一人前だなー』なんて言うのです。

 

 返事というのは、常に相手がいます。その2名以上の会話の中で返事と言うのは生まれるのに、その相手だけを責めるというのは誤りです。「返事」だけにさせてしまっているのは、自分にも非があるのです。それを忘れてはいけません。

 

 

 

◎ まとめ

 会話の基本はキャッチボールです。そのキャッチボールがうまく出来るかどうかは、相手次第ではないのです。投げるほうも大切だし、捕る方も大切。お互いが相手のことを考えて投げる、捕る、投げ返す動作が重要となるのです。

 

 そして先輩であれば、後輩がちゃんと捕れたかどうかくらい確認する余裕がほしいですね。言いっぱなしにならずに、どんなボールが取れたのか確認してあげてください。それが、素敵なキャッチボールをする方法ですよ。

 

 

【こんな記事も書いてます】

 

www.kazunetworkpm.xyz

www.kazunetworkpm.xyz

www.kazunetworkpm.xyz

 

 

 

 

※ いつもコメントブックマークありがとうございます。励みになります。

※ 面白かったらコメントブックマークを付けてもらえると嬉しいです。

 また、読者も募集していますので、ぜひともよろしくお願いします。