ネットワークエンジニアの休息

1,000人の会社でNo.1になる方法。きっと何かを変えるヒントがあると思います!!

【アンガーマネジメント】 ~相手を否定する前に自分を否定せよ~

こんにちは!カズです!

 

 今回のテーマは、【アンガーマネジメント】 ~相手を否定する前に自分を否定せよ~です。仕事に限らず人と関わると、うまくいくことばかりではなく、相手にイライラすることもありますよね?そんな時の考え方を教えます!

 

f:id:kazu-network:20171210221430j:plain

 

 

◎ 北海道出張の思い出

 僕が北海道出張ばかりの生活をしていた時の話です。まだ、若くて血の気が多かった僕は、お客さんだろうが先輩だろうが噛みついていた。その時は、狂犬とまで言われていたそうです。

 

 その仕事は、不真面目でノリが軽いで有名な先輩と一緒でした。しかし、すごい尊敬できる先輩で、ほとんどの食事をおごってくれていました。後で知ったんですが、僕におごり過ぎて1つの口座が空っぽになったとか。。めちゃくちゃ尊敬している先輩です。

 

 

◎ 怒りは冷静な判断の邪魔

 ある日、先輩とお客さん打ち合わせに参加した。そのお客さんが無茶苦茶なんです。自分でAプランで行こう!って決めておいて、あとから『なんでAプランなんだ!』なんて言い出すんです。『お前が言ったんだろ!』って言いたくなるのを、常に先輩は堪えていた。その打ち合わせは特にひどかったので、終わった後に先輩に噛みつきました。

 

 

僕:なんで言い返さないんですか?

 

先輩:何が~?

 

僕:「何が~?」じゃないですよ!なんで言い返さないんですか?

 

先輩:怒ってもしゃーないで~( ^^) _旦~~

 

僕:いやいや。

 

先輩:うちらだって悪いところもあったしな~。一方的に怒るのはあかんで~🎵それより呑み行くで~!

 

僕:・・・はい。

 

 

 この人は、すごい人です。相手がどんなにひどいことしても、自分の良くなかったポイントがわかっている人なんです。そこには冷静な判断があるからなんですよね。怒りは相手を攻め、目の前が見えなくなる。そのことがわかっていたのだと思います。

 

 

 

◎ まとめ

 『アンガーマネジメント』なんて言葉がありますが、それは、怒りをコントロールするための方法です。この先輩は怒りのコントロール以前に、自分の悪いところを考えているのです。確かに揉め事のほとんどが、どちらか一方だけが悪いなんてことはないです。

 

 しかし、怒りが出すと自分の悪かったことなんてどっかに行ってしまいます。そしてすべて相手が悪いかのように批判を始める。後になって冷静に考えると、『自分も〇〇な部分もあったけどさー』なんて言うこともありますよね?

 

 それこそ、無駄な怒りなのです。冷静さをなくした象徴なのだと思います。怒り出す前にまずは自分の悪かった部分を冷静に見つめなおしてみましょう!そうすることで、相手に対する怒りは少しは減るんじゃないですか?怒っても何も解決しませんよ!

 

 

【こんな記事も書いています】

 

 

 

www.kazunetworkpm.xyz

www.kazunetworkpm.xyz

www.kazunetworkpm.xyz

 

 

※ いつもコメントブックマークありがとうございます。励みになります。

※ 面白かったらコメントブックマークを付けてもらえると嬉しいです。

 また、読者も募集していますので、ぜひともよろしくお願いします。