ネットワークエンジニアの休息

1,000人の会社でNo.1になる方法。きっと何かを変えるヒントがあると思います!!

【いい加減目を覚ませ!】 ~AI化することが目的ではない!~

こんにちは!カズです!

 

 今回のテーマは、【いい加減目を覚ませ!】 ~AI化することが目的ではない!~です。

 

f:id:kazu-network:20171205232439j:plain

 

 現在のITを語るのにAIとIoTは欠かせないものになっている。今回は、その中でもAIを取り上げて書いてみたいと思う。なぜならば、勘違いしたAI化や自動化を進めてしまっていることをよく耳にするからである。

 

◎ AIとは

 AIを一言で言ってしまうと人工知能となります。じゃあ人工知能ってなんですか?ってなりますよね?このサイトにこのように書かれていました。 

 

www.sejuku.net

 

人工知能とは、人間の脳が行っている知的な作業をコンピュータで模倣したソフトウェアやシステム。

具体的には、人間の使う自然言語を理解したり、論理的な推論を行ったり、経験から学習したりするコンピュータプログラムなどのことをいう。

人工知能の応用例としては、専門家の問題解決技法を模倣するエキスパートシステムや、翻訳を自動的に行う機械翻訳システム、画像や音声の意味を理解する画像理解システム、音声理解システムなどがある。

人工知能を記述するのに適したプログラミング言語としてLispPrologなどが知られている。 

 

 このサイトにも書かれていますが、はっきり言ってよくわからない。そして、人工知能について厳密な定義もないんです。

 

 正確には違うんですが、わかりやすく言ってしまうと確率なんです。その確率の精度を上げるためにビッグデータを持ち、計算された結果を返してくるのです。そのビッグデータは、日々、更新されていくことで学習していくのです。

 

 

◎ 勉強会に参加

 僕の会社でもAI化ということで運用に人工知能を取り入れていこうとしてる。先日、そのための勉強会に参加した。しかし、ここで疑問を感じたのです。先にも述べた通りAIとは、確率論なのです。90%の確率で「A」を選択するので、そのような対応をAIがしてくれるのです。逆に言うと10%は捨てると言うことなのです。

 

 これにより仕事は減り楽になるのですが、お客は喜びません。自分たちのためのAI化となってしまっているからである。こんなことをしていては、本当の意味でAI化を進めている企業に勝てるわけがない。AI化することが目的になっていてはいけないのです。

 

 

◎ 本当の意味でのAI化とは?

 おそらく、AIと聞いた時に真っ先に浮かぶのが、Google Homeやペッパーくんではないでしょうか?

 

f:id:kazu-network:20171205234913j:image

 

 GoogleはなんのためにGoogle Homeを作ったのでしょうか?自分たちの仕事を減らすため?楽するため?違いますね!なんで言い切れるのか?直接聞いてみたからです!

 

 疑っている方は是非試してもらいたい!Google Homeに、『あなたは何のために作られたの?』と質問してみてください。こう答えるはずです。

 

 あなたのお手伝いが出来るよう、Googleが私を開発しました。

 

 お客の役に立つためにAI化しなければいけないのです。この基本的なことを忘れてはいけないのだと思います。今、運用の現場に本当にAIが必要なのだろうか?

 

 あなたの会社でもAI化を進めてようとしている時は、一度冷静に考えてもらいたい。AI化することが目的になっていないだろうか?と。

 

 

◎ まとめ

 断っておくが、決してAIがダメだと言っているわけではないです。AI化することで便利なることもたくさんあります。それ自身はとても素晴らしいことだと思います。間違った捉え方をしてはいけないと言うことなのです。

 

 また、この話はAI化に限った話ではなく、業務改善なども同じです。業務改善をするが自分が楽するために改善していることが多く見かける。これでは、独りよがりの改善になって変化に伴うトラブルが発生し迷惑以外何物でもない。

 

 変化を与える時は、必ずだれの為にやるのかを意識してやるべきです。間違っても自分の為にやってはいけない。本当に大切なものを見失ってはいけない。そうなった時点であなたはAIと化すでしょう。

 

 

【こんな記事も書いてます】

 

www.kazunetworkpm.xyz

 

 

 

 

※ いつもコメントブックマークありがとうございます。励みになります。

※ 面白かったらコメントブックマークを付けてもらえると嬉しいです。

 また、読者も募集していますので、ぜひともよろしくお願いします。