ネットワークエンジニアの休息

1,000人の会社でNo.1になる方法。きっと何かを変えるヒントがあると思います!!

【ちょい調】 ~勤労感謝の日って何?~

こんにちは!カズです!

 

 Twitterでもつぶやきましたが、昨日が勤労感謝の日でした。そんな中、外に出てみると、コンビニで働いている人もいれば、電車を運行している方、それ以外にもスーツで勇み足で通り過ぎていく方…。一体、今日は何の日だ⁉って思ったので記事にしてみます。

 

 

◎ いつからあるのか?

 ウィキペディアに聞いてみると以下のように書かれていました。

 

勤労感謝の日は、国民の祝日に関する法律祝日法、昭和23年7月20日法律第178号)第2条によれば、「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」ことを趣旨としている。1948年(昭和23年)に公布・施行された同法により制定された。

 

 この祝日自体は、戦後に作られた祝日で、そもそもは新嘗祭という祝日でした。農家の収穫を祝うことで、国家の食の安定を祝うことになるのです。そのような考え方から祝日を切り離す目的として、GHQが『勤労感謝の日』として改名させたのです。

 

f:id:kazu-network:20171123234339j:plain

 

◎ 働く人に感謝しましょう!

 上記にも記載しましたが、そもそもは『新嘗祭』として収穫を祝う日でしたが、GHQによって変えられました。それにより、『働く人に感謝しましょう』という考え方に賛否両論があると思います。

 

 ですが、あえて言いたいです。『働く人に感謝する日にしましょう!』と。どんな理由だとしても、感謝することが間違っていることではないので。ただし、1つ追加させてもらうとしたら、

 

 『働く人に感謝するだけでなく、働けることにも感謝しましょう!

 

です。

 

f:id:kazu-network:20171123234442j:plain

 

◎ まとめ

 勤労感謝の日とは、いろいろな背景のもと造られた祝日なのです。日本の弱体化のために造られたとしても、感謝の気持ちに理由はいりません。また、祝日だけ感謝をすればいいと言う訳でもないと思います。毎日、働いてくれている人に感謝をして過ごしましょう!そして、先にも述べた通り、働けることにも感謝すべきなのです。

 

  • 支えてくれている人(家族)
  • 仕事があるという環境
  • 健康な身体 etc…

 

 感謝すべきことはたくさんありますね。常に感謝の気持ちを忘れずにいたいものですね!そのため、あえて勤労感謝の日が終わった今日、このブログをアップさせていただきました。※決して、間に合わなかったわけじゃないですよ(笑)

 

 

 

 

※ いつもコメントブックマークありがとうございます。励みになります。

※ 面白かったらコメントブックマークを付けてもらえると嬉しいです。

 また、読者も募集していますので、ぜひともよろしくお願いします。