ネットワークエンジニアの休息

1,000人の会社でNo.1になる方法。きっと何かを変えるヒントがあると思います!!

【IoT検定】インダストリー4.0を知る!

こんにちは!カズです!

 

 今回のテーマは、『インダストリ4.0』について書いてみます。ご存知の方からしたら、「今更?」って思われるかもしれません。そのような方は読み飛ばしてください。僕の勉強の備忘録みたいなものですので。。

 

 

 

 数年前から、『第4次産業革命』と呼ばれる工場のデジタル化である、『インダストリー4.0』という巨大プロジェクトがドイツで進められている。ドイツ連邦政府、州政府、産業界、学界は今、総力を挙げてこのメガ・プロジェクトに取り組んでいる。そもそもこのプロジェクトで何がしたいのか?どのようなメリットを生み出そうとしているのかを解説していきたいと思います。

 

f:id:kazu-network:20171003081719j:plain

 

 

◎ ドイツと言えば・・・

 そもそもドイツは、ものづくり大国と呼ばれていることをご存知でしょうか?ドイツと言えば、まず先に思いつくのが『自動車』ですよね?『ビール』?、『ウインナー』?ダメです!飲みたくなるので、いったん忘れてください(笑)

 

 では、気を取り直して、ドイツと言えば『自動車』ですね!メルセデス・ベンツフォルクスワーゲンアウディ、ポルシェ、BMWなど、有名メーカが多くあります。自動車に詳しくない方でも一度は耳にしたことがあることでしょう!自動車以外にも、『機械』、『化学・製薬』、『電子』などの産業も進んでおり、まさに、ものづくり大国であると言えるでしょう!

 

 

◎ ドイツの産業革命

 そのドイツの産業で問題となっているのが、コストです!このコストを極小化しようとしているのが、『インダストリー4.0』なのです。現在ドイツの電子機器メーカーや自動車メーカー、IT・通信企業が作りそうとしているのが、『スマート(利口な)工場』なのです。これにより、人の関与を減らし労働コストを削減し、機械が自ら考えて製造する工場を開発しようとしているのです。

 

 これが成功することで、世界での競争力は強化されることは間違いないでしょう!製造業に関してのノウハウを持ち、それを低コストで提供できるようになったとしたら、日本はどうなってしまうのでしょうか…?

 

f:id:kazu-network:20171003081955j:plain

 

 

 

 

※ いつもコメントブックマークありがとうございます。励みになります。

※ 面白かったらコメントブックマークを付けてもらえると嬉しいです。

 また、読者も募集していますので、ぜひともよろしくお願いします。