ネットワークエンジニアの休息

1,000人の会社でNo.1になる方法。きっと何かを変えるヒントがあると思います!!

【新人教育や若手教育に悩んでる方必見】 ~相手と向き合うな!同じ方向を見ろ!~

こんにちは!カズです!

 

 今回のテーマは、【新人教育や若手教育に悩んでる方必見】 ~相手と向き合うな!同じ方向を見ろ!です。

 

 今、新人教育や若手教育に悩んでる方がいたら、是非、読んでもらいたい。その悩みを少しでも解消することが出来れば、嬉しく思います。

 

 

f:id:kazu-network:20171122132701j:plain

 

◎ 1つのことに集中させる

 

 僕の経験談ですが、基本的に複数のことを成長させようとするのは無理です。1つだけ完璧させることをオススメします。

 

 特に新人君は、新しい環境に慣れるだけで、いろんなところに神経を使っています!しかも、言われるのは、あなただけではないのです。上司や人事など、たくさんの人を相手にしなければいけません。小さな芽に大量の水をかければ腐ってしまうだけです。

 

  

◎ 観察日記を付けよう!

 仕事を与えて放置していては、枯れてしまいます。適度な監視をしましょう。適度に様子をみてあげて、成長度合いを確認することが大切です。やり過ぎると鬱陶しく思われるので最初は1週間に1度くらいがちょうどいいでしょう。1対1のマンツーマン面談をして、仕事の様子とプライベートのことなど、なんでも話をするようにしましょうね。

 

 そして、相手の観察日記をこっそりつけてみましょう!後輩自身の評価と先輩の評価で差分あるようでしたら、原因を追求した方がいいですね。毎日見ていると気付かないことでも、過去の記録と比べると意外と成長しているものですよ。

 

 

◎ 褒め上手と怒り上手

 僕がブログを始めた頃に書いた記事ですが、そこにも記載させていただきましたが、これだけやっていれば大丈夫!っていう育て方はないんです。常に相手を見て、怒るべきタイミングで怒って(フリをして)、褒めるタイミングで褒める。それも相手の受け取り具合に応じて分量も決める必要があります。

 

www.kazunetworkpm.xyz

 

 

 怒った後は、必ずフォローしましょうね!起こりっぱなしはダメですよ!そして、話が終わった後は、それ以上の不仲にならないように、関係ない話で盛り上がりましょうね!こちらも以前に書きましたが、人物批判をしてはいけません。『怒っているのは、あなたの行動であって、あなたに対してじゃないよ!』ってわかってもらえるようにしてあげることが大切だと思います。 

 

www.kazunetworkpm.xyz

 

 

 

◎ まとめ

 育成に大切なものは、相手との関係性です。常に相手はどう考えているのか?を考え続ける必要があります。『新人なんだから!』なんていうのはただの思い上がりで、自分の考えを押し付けているだけ。

 

 時に怒ることもあるとは思いますが、それは、あなただから怒っているのではなく、このような行動をしたから怒っているのだと伝えてあげましょうね。そして、新人は思っている程、ヒマではないです。そう見えているのは、あなたが成長したからです。もっと出来る人からみたら、あなたもヒマそうに見えているのかもしれませんよ。

 

 

 今回、最も伝えたことはこれです。

 

 相手と向き合うな!同じ方向を見ろ!

 

 面談も向かいあって話すのではなく、隣に座って話してみたらどうですか?同じ景色が見えると思いますよ。

 

 

 

※ いつもコメントブックマークありがとうございます。励みになります。

※ 面白かったらコメントブックマークを付けてもらえると嬉しいです。

 また、読者も募集していますので、ぜひともよろしくお願いします。