ネットワークエンジニアの休息

1,000人の会社でNo.1になる方法。きっと何かを変えるヒントがあると思います!!

【期待は絶望にしか変わらない】 ~加点方式を採用しよう!~

こんにちは!カズです!

 

 今回のテーマは、【期待は絶望にしか変わらない】 ~加点方式を採用しよう!~です。

 

f:id:kazu-network:20171121082526j:plain

 

 

◎ お見合い結婚

 なんとなくですが、恋愛結婚の方がいいイメージがありますが、実はお見合い結婚の方が離婚率が低いことはご存知でしょうか?婚活業界では、「恋愛結婚での離婚率は40%、お見合い結婚では10%」と言われています。なぜ、こんなにも差があるのでしょうか?

 

 

◎ お見合い結婚は加点方式

 

 恋愛結婚は、最初から付き合っていて相手のことが好きな状態から始まる。恋は盲目とよく言ったもので、相手の良くない部分はちゃんと見ず(見えず)、評価マックスから始まる。そのため、結婚生活が始まると、相手の良くないところが見えてきて、どんどん減点されていく。

 

 一方、お見合い結婚は、相手のことがあまり、わかっていないところからスタートする。そのため、良いところが見つかるたびに加点されていく。そのため、離婚率が低いのだと言われています。

 

 

 

◎ 期待は絶望にしか変わらない

 この『期待は絶望にしか変わらない』という恐怖の言葉は、ある先輩社員が言った言葉です。重たい言葉だと思いますが、きっと正しいのだと思います。相手に対して過度な期待は禁物であるのと同時に、相手にとってもすごい負担になるのだと思います。そして、お互いこんなはずじゃなかった』と絶望に変わっていくのです。

 

 じゃあ、どうしたらいいのか?それは、もちろん加点方式を使うのです!

 

◎ 仕事でも加点方式を採用しよう!

 初めから期待してしまうから、出来なかった時に減点されていくのです。相手に対して期待するのはやめて、事実だけを見ましょう!

 

 彼は〇〇の経験があるから同じ事が出来るはず!

 

これは、事実にも基づいた推測なのでいいと思います。

 

 彼は〇〇の経験があるから、△△もすぐに覚えられるはずだよ!


 これはダメです。なんの根拠にもなりませんからね。確かに、出来ればいいんですが、出来なかった時に『期待はずれだな』ってなってしまいませんか?勝手に期待しておいて、なんて言い草でしょうね。

 

 

 

◎ まとめ

 『期待』というのは、聞こえはいいのですが、エスカレートしていく危険性があるのです。先の例でも、『△△が出来たから今度は✖✖も…。』といつまでも期待は膨らむものです。

 

 相手のスキル・経験の事実だけを見てあげて、その能力に対して与えてあげられるのは期待ではなく目標だと思います。明確で適切な目標を与えてあげれば人は育ちます。期待なんて言葉は、期待する側の都合のいい解釈でしかない。

 

 相手には『期待』ではなく『目標』をあげましょう!

 

 

 

 

※ いつもコメントブックマークありがとうございます。励みになります。

※ 面白かったらコメントブックマークを付けてもらえると嬉しいです。

 また、読者も募集していますので、ぜひともよろしくお願いします。