ネットワークエンジニアの休息

1,000人の会社でNo.1になる方法。きっと何かを変えるヒントがあると思います!!

【集中力がないと嘆く前に】 〜2時間の集中力はいらない〜

こんにちは!カズです!

 

 最近の悩みは、いつブログの休刊を作るかです。ブログを始めて、おかげさまで先週100記事達成しました。

 

www.kazunetworkpm.xyz

 

 100記事までは休まず書くぞ!って決めて、休まず書き続けて無事達成することが出来ました。そして、この記事が109記事目となります。ここまでの連載を休む勇気がなく続けているのですが、どうしたものかと…。すいません。独り言でした。

 

 

f:id:kazu-network:20171120222153j:plain

 

 さて、今回のテーマは、【集中力がないと嘆く前に】 〜2時間の集中力はいらない〜です。

  

 

◎ 集中力

 僕は、本当に集中力がありません。人の話も10分聞いていたら飽きて携帯をいじり始めてしまうくらいです。今もブログを書いていますが、書いてる途中でTwitterを始めたり、他の方のブログを読んだりと注意力が散漫してしまいます。しかし、あまり直すつもりはないんです。なぜならば、5分間集中できるという武器があるからです。

 

 

◎ 高校時代の恩師の教え

 僕の高校のバスケ部は、結構強いチームでした。その時のコーチの教えがすごいんです。それがこれです!

 

 『5分だけ頑張れ!

 

 バスケをやっていた人はわかると思いますが、僕の時代(20年程前)は、20分の前後半でした。そのため、5分だけ頑張ればいいなんて発想は考えられない。しかし、コーチは20分の前後半を8分割したのです。中途半端な力で20分試合するくらいならぶっ倒れてもいいから5分間を全力でやれ!って発想だったんです。そのため、5分経ったら全員交代することもありました。その結果、僕らが2年生の初の公式戦は197対35で圧勝した。両チームともボロボロになってましたけどね(笑)

 

 

 

◎ 集中力の高め方

 僕の集中力の高め方は、息を止めることです(笑)これは、良く小学生の時にやっていたやり方で、ここまで1息でやると決めたら、その短時間だけ息をしない!なんてアホなルールを決める。そして、それに向けて必死に取り組む。酸素が足りなくなって思考回路が悪くなるとか言われるかもしれませんが、そもそも酸素がたくさんあって、思考回路が良くなっても無駄なことに使っていては意味がない。

 

 限られたものに使用することでパフォーマンスがあがるのです。(たぶん)そのあほな手法を35歳になってもやっている。そして、その結果が資格試験なのだと信じています。

 

 この方法が万人に適しているかはわかりませんが、短時間を決めてその時間だけ集中する!これを何度も繰り返すことで、集中力は高まる!(気がする)

 

 

◎ まとめ

 集中力の高め方は、人それぞれかもしれませんが、何時間も集中することなんて人間には出来ないと思います。それは集中しているようで、実際は80パーセントくらいになっているのではないでしょうか?僕が求めている集中力は197対35で勝てる集中力なんです。

 

 僕には2時間集中する力はないが、5分集中する力がある!

 

 

 でも、ちゃんと人の話は聞いてるフリくらいはしなきゃダメですね!フリは大事ですよね?(笑)良ければ以下の記事もご覧ください。

 

www.kazunetworkpm.xyz

 

 

※ いつもコメントブックマークありがとうございます。励みになります。

※ 面白かったらコメントブックマークを付けてもらえると嬉しいです。

 また、読者も募集していますので、ぜひともよろしくお願いします。