ネットワークエンジニアの休息

1,000人の会社でNo.1になる方法。きっと何かを変えるヒントがあると思います!!

【規則とマナー】 ~規則がマナーよりも大切なんてことはない~

こんにちは!カズです!

 

 今回の記事は、『先輩の前でのマナー』です!最近、大相撲の横綱日馬富士が幕内貴ノ岩に暴行をしたというニュースがありました。僕は、あまり相撲に興味がなかったのですが、これを機にいろいろと興味が出始めたので、記事にさせていただこうと思います。

 

f:id:kazu-network:20171117235300j:plain

 

◎ 事の発端は?

 横綱である日馬富士が話をしている最中に、幕内貴ノ岩がスマフォを触り始めたことに腹を立てたそうです。そして、殴ってしまったとのことです。ビール瓶で殴ったかどうかは定かではないそうですが。。

  

headlines.yahoo.co.jp

 

 

◎ 相撲界の上下関係

 相撲界の上下関係が厳しいのは有名かと思います。何年か前の「かわいがり」などというイジメにあって命を落としたこともあったと思います。そして、今回のトラブルも上下関係によるものなのではないでしょうか?元小結 旭鷲山がニュースでも話していましたが、「横綱は神様」と称されるくらいの上下関係の厳しさがあるそうです。

 

 

 

◎ そもそもマナーって?

 少し話題を変えますね。そもそもマナーってなんなんでしょ?すごく曖昧な言葉な気がします。たとえば、似たような言葉で『規則』があります。『規則』は、守らなければいけないルールだと思います。守らなければ怒られるし、程度によっては罰せられる場合もあります。

 

 それでは、マナーはというと、守ったほうがいいルールとなります。つまりマナー違反を犯したところで罰することはないのです。たとえば、電車の優先席に若者が座っていて、ご老人が来られたら譲るのがマナーだとしたら、譲らなくても罰せらることはないのです。

 

 

◎ 今回は何が問題なのか?

 今回の事件には、この『規則』と『マナー』が内在しているのです。幕内貴ノ岩が犯したのは『マナー』、横綱日馬富士が犯したのが『規則』です。僕が相撲の世界のマナーにとやかく言う権利はないので言いませんが、おそらく、横綱が話している時にスマフォを触ることがマナー違反なのであれば注意することくらいは、問題ないのだと思います。

 

 しかし、それに対して暴力を振ることはやりすぎな行為なのだと思います。これにより、『規則(法律)』を犯してしまったのではないでしょうか。ただし、間違っていけないのは、『マナー』違反を容認しろといっているわけではなことです。

 

 

◎ マナーって守らなくいいの?

 今回の件だけを見ると、『規則(法律)』を破った横綱日馬富士だけが悪いようになっていますが、そうでもないと思います。やはり目上の人に対する礼儀というものはあります。これを疎かにすることはよくないことだと思います。

 

 先程、例に挙げさせてもらいましたが、優先席に座りたい方が来られた際に、譲らなくても罰せられることはないです。しかし、それをOKとしていたらマナーってものはなくなります。そして誰もがマナーを守らなくてなったら、どうなるのでしょうか?僕は、おそらく『規則』が出来るのだと思います。

 

 そして、すべての行動が『規則』として縛られるようになるのです。そんな世の中って寂しくないですか?

 

 

などがいい例である。歩きタバコもごみのポイ捨ても良くないこととして、認識しいてるはずです。これらをマナーとして扱ってきましたが、守れない人が多いことから、条例として禁止している自治体が増えてきているそうです。こんな寂しいことはないですよね。。

 

 

◎ まとめ

 『規則』や『マナー』ってくくってきましたが、結局のところどちらも大切なルールなんだと思います。なので、こんな感じにしませんか?

 

 

『規則』は守らなければいけないこと!

『マナー』も守らなければいけないこと!

  

 

 

 

 

※ いつもコメントブックマークありがとうございます。励みになります。

※ 面白かったらコメントブックマークを付けてもらえると嬉しいです。

 また、読者も募集していますので、ぜひともよろしくお願いします。