ネットワークエンジニアの休息

1,000人の会社でNo.1になる方法。きっと何かを変えるヒントがあると思います!!

【後輩教育に悩んでいるあなたへ】 ~育成方法に正解はない~

こんにちは!カズです!

 

 今回のテーマは『【後輩教育に悩んでいるあなたへ】 ~育成方法に正解はない~』です。この話は、僕の会社の話です。3年程前に若手2人が入ってきました。2人は同期だったので、仲良く入ってきました。1人目のAくんは、世渡り上手で愛されキャラ。もう1人のBくんは、見るからに不器用。この2人と上司との関係を取り上げて書かせていただこうと思います。

 

f:id:kazu-network:20171101235322j:plain

 

◎ 上司の接し方

 2人共同じ上司の下で仕事をしていましたが、上司の接し方が全然違った。Aくんには、いろいろ教えてあげていて、怒って注意しているところなんて、ほとんど見たことがない。

 

 一方、Bくんは、なぜかいつも怒られていた。「ちゃんと考えなよ!」、「それで大丈夫って言うならやってみたら?失敗するから。」などと厳しい言葉が飛んでいた。

 

 隣の部署で見ていても明らかに接し方が違うのが、はっきりとわかりました。どうしてこんな違うのでしょう・・・?っと思っていた。

 

 

◎ 飲み会での話

 

 隣の部署だし、教え方はそれぞれのやり方があるのだろうと思い注意出来ずにいましたが、たまたま飲み会で一緒になることがありました。その若手2人で話していると、上司に対する印象が明らかに違った。まあ、そりゃそうだ(笑)

 

 Aくんは、上司のことを「いい人」だと言っていて、なんでも聞いたら教えてくれる。頼りになる上司のようだ。Bくんはと言うと、当然「厳しい」と言う言葉が第一声にありました。何にも教えてくれなくて、何聞いても自分で考えろ!でおしまい。

 

 どうしてこんなにも教え方が違うのだろう?と考えさせられ、モヤモヤのままその日の飲み会が終わった。

 

 

◎ 3年後

 そのモヤモヤが3年経った今でもわからないが、今、はっきりとわかっていることは、Bくんはその部署のエースになってると言うこと!そして、BくんはAくんに指示をして、仕事がまわっていること。

 

 どうして、そうしたかはわかりませんが、どうしてそうなったかは、わかる気がします。そしてこの間、2人と話す機会があったので、3年前と同じ質問をしてみました。2人の答えはこうでした。

 

Aくん:なんでも教えてくれるいい上司ですよ。

 

Bくん:何にも教えてくれないけど、考えるチャンスをくれるいい上司ですよ。

 

 

◎ まとめ

 人の成長は難しいものだと常々、考えさせられます。与えれば伸びるのか、厳しくすれば伸びるのかは、相手によって違うでしょう。今回、たまたまBくんには厳しくすることが、正解だったのだと思いますが、厳し過ぎて潰れてしまう人もいる。

 

 少し前に『後輩教育やめてみたら?』というテーマでも書かせてもらいましたが、丸投げするという選択もある。これにより成長する人もいれば、何も成長できない人もいる。

 

www.kazunetworkpm.xyz

 

 

 きっと育成方法に答えはなく、相手に合わせて常に工夫することが大切なのだと思います。試してみて効果がなければ、やり方を変える。変えてみて、また効果測定。この繰り返しなのだと思います。

 


 そして、今、Bくんに後輩が出来ました。後輩には優しく教えています。自分が教えられたやり方ではないようです。上司とは違う教育法を選んだようですが、きっと、目指すところは一緒なのでしょう。ちょっぴり大人になったように見えます。

 

 僕も今、育成をしていますが、なかなか育て方が定まらずにいます!きっと、僕のコーチだった人も同じ気持ちだったんだろうな~って思いながら、日々、頑張っています。ここでのコーチ記録も、いつか紹介できる日が来るはずなので、ご期待ください。

 

 

 

 

※ いつもコメントブックマークありがとうございます。励みになります。

※ 面白かったらコメントブックマークを付けてもらえると嬉しいです。

 また、読者も募集していますので、ぜひともよろしくお願いします。