ネットワークエンジニアの休息

1,000人の会社でNo.1になる方法。きっと何かを変えるヒントがあると思います!!

【チャレンジすることを忘れたあなたへ】 ~三日坊主になれない人に四日目はない~

 こんにちは!カズです!


 今回のテーマは、三日坊主です。これは、僕の少し前に一緒に仕事していた後輩ちゃんのことです。この後輩くんは、物事が長続き出来ないもので、注意をしてもすぐに忘れてしまう。また、新しいことを始めても、少しするとやめてしまうのです。

 

f:id:kazu-network:20171027224001j:plain

 

三日坊主の例

 例えば、体調が悪いから食事を変えてみようってことで、本を買って読んでみたそうですが、1日でやめたそうです。

 

 他にも、「ダイエットをする!」って決めて、コンビニのささみだけを買ってお昼ご飯にしていたそうです。見ていても痛々しい食事でした。しかし、これも1週間たたずにやめました。

 

 それ以外にも、「朝から勉強しよう!」って心に決めて1時間前に来るようにしたのです。「お!頑張ってるじゃん!!」って思って、見かけたのは1度だけ。

 

 


 さあ、ここまで聞いてどお思います?
「やばいなー」って思った方が多いのではないでしょうか?確かにやばいです(笑)
なので、僕も仕事に関しては注意します。しかし、質問を変えてみてますね。

 


 三日坊主を恐れてやらない人と、三日坊主とどっちがやばいですか?』


 僕は前者だと思うんですよね。きっと多くの方がそう思うのではないでしょうか。チャレンジもしない人が三日坊主を笑ってはいけないと思うんです。確かに続けることは大切なことです。続けなくていいというわけではないです。

 

 ただし、『明日からやろう!』や、『どうせやめるんだからやらない!』なんて、言う人が三日坊主を笑ってはいけないと思うんです。

 

一発屋の話

 以前にテレビを見ていたら、こんなことを言ってる人がいました。

 


 『一発屋をなんで笑うんですか?だって、一発売れたんですよ?』

 


 確かにその通りなんですよね。一発も売れてない人がなんで、一発屋を笑うんだろうって思いますよね。売れるためにどれだけの努力してきたのかと思うと、頭が下がります。

 

 五万といるお笑い芸人の中から一発だとしても売れるのは、ほんの一握り。その中に入れただけですごいことなのです。そんな人を笑うことが出来るのでしょうか?ましてや、一視聴者が笑うことなどできるはずがないと思いますね。

 

 

 

◎ まとめ

 三日坊主一発屋もなんとなく悪いイメージがあります。一発屋を恐れていたらスターになんて慣れない。なぜなら、MCをやっている芸人さんですら、最初は一発屋になる可能性はあったはずですよね?それを乗り越えられた人が今でも、TVに映っている。

 

f:id:kazu-network:20171027222714j:plain

 

 三日坊主も同じなんだと思います。

 

 まずは三日坊主になるのを恐れずにチャレンジしましょう!!その先に四日目があるのだから。

 

 

※ いつもコメントブックマークありがとうございます。励みになります。

※ 今回も、面白かったらコメントブックマークを付けてもらえると嬉しいです。