ネットワークエンジニアの休息

1,000人の会社でNo.1になる方法。きっと何かを変えるヒントがあると思います!!

【イタイ人にならないための心得】スタバクオリティはさすが!

こんにちは!カズです!

 

 今回の記事は、今までと少し違って、あるスタバでの出来事を書きたいと思います!ある朝、いつものスタバにコーヒーを飲みに☕️

 

 f:id:kazu-network:20171012233856j:image

 

 

店員:お待ちのお客様どーぞー!

 

僕:アイスコーヒーをください。

 

 (スタバにアプリで支払いするのに携帯を・・・と思ったら、

  スタバのWifiに接続されてしまって、アプリが表示出来ずモタモタ。。

  わーめっちゃ恥ずかしいヤツだ(;・∀・) と思っていたら・・・。)

 

店員:素敵なカードですね!北海道ですか?

(スタバアプリに表示されたカードの絵柄を見て)

 

僕:あ、はい。ありがとうございます(#^.^#)

 

 

 なんか、すごく救われた気がしたのと同時に、すごく温かい気持ちになりました!なんでもないような一言がすごく幸せな気分になったり、1日の活力なることってあるような気がします。

 

 

 以前、こんなことがありました。

 社員であれば開けて使っていいルールのロッカーがあるのですが、そのロッカーパスワードを忘れてしまって、開けれず右往左往(;´・ω・)

 (これはまずい・・・。急がないといけないし、でも、知ってる人に聞きに行くのは時間かかるし・・・。うーん、仕方ない!聞きに行こう!って思ったところで救世主が!!)

 f:id:kazu-network:20171012191629j:plain

 

派遣社員の女性:1234 (※一応、パスワードは適当に書いています。)

 

 

 見たこともない人が、通りすがりに一言。颯爽と去っていきました!これってカッコよくないですか?(知らない人にパスワードを教えるってことは、一旦、置いといてくださいね(笑))こんなことされたら、完全に負けですよね?

 

 よく「自分すごいんだぜー!」オーラを出す人がいますが、それってすごいイタイですよね?僕の周りにもいます。。

 そういうのではなく、誰にも気づかれないように、目立たないように、問題を解決していく人って素敵ですね。僕もそんな風になれるよう頑張ろうと思います。

 

 スタバの店員さん、すごくいい気分させてくれて本当にありがとうございました!!また行くと思いますので、よろしくお願いします。