ネットワークエンジニアの休息

1,000人の会社でNo.1になる方法。きっと何かを変えるヒントがあると思います!!

【失敗から学ぶ④】時間を守るということ!

こんにちは!カズです!
 
 今回は、今まで紹介してきた、『失敗から学ぶ』シリーズの中で、もっとも大きな失敗について話します!それは、時間を守るということ!です。

 

◎ 過去の『失敗から学ぶ』シリーズはこちらから。

 

www.kazunetworkpm.xyz

 

 

 

www.kazunetworkpm.xyz

 

 

www.kazunetworkpm.xyz

 

 僕が若かりし頃は、毎日のように遅刻してました。9時出社でありながら、大抵10時くらいに席に着き、疲れたら勝手にスタバに行って飲みに行く。打ち合わせの途中でも、飽きたら打合せから抜ける。今、思い出すと本当にひどい…(-_-;)
(以前の上司の方々、ホントすいませんでした。。。)

 ちょっといろいろ問題が多すぎますので、一旦、『時間』だけに絞らせてください。

 

f:id:kazu-network:20171005082956j:plain

 
 そんなダメ社員でいた頃、新規で人が入って来て、こう聞かれました?

 新規メンバー:『ここの出社時間は、何時ですか?』
 
 僕:『大体9時半くらいですかね?ほとんど来ませんけど(笑)』
 
 新規メンバー:『へっ?』

 

 そう!この職場は時間にルーズな職場なのです。僕よりもひどい人もたくさんいるのです。実際に午前中に打合せを予定して、人が集まらないという理由で当日にキャンセルなんていうのも…。『午前中に打合せを入れる方が悪い!』なんて、開催者側が怒られることもあるくらいでした。(今は少しマシになりましたけど。)

 


 では、そもそもなんで時間を守らなければいけないのか?に、ついて考えてみましょう!『そんなの当たり前じゃん!』って言うかもしれませんが、意外と難しいと思います!
 
 『ルールだから!』『仕事なんだから!』と言われたらと言うのは、理由にはならないんです!なぜならルールは、時と供に変化することがあるからです。今の『ルール』が10年後の『ルール』当てはまるとは限らないし、日本の『ルール』が、外国の『ルール』とも限らない。そのようなものが理由になるとは考え難い。

 

f:id:kazu-network:20171005185638j:plain

 

 昔、こんな話を聞いたことがある。

 

 インドの、ど田舎の電車は、1日に2本程度しか走らない。その電車に乗って出発を待っていたら、駅員さんと乗客が話していた。

 

 客:「忘れ物をしたから取りに行く。戻ってくるまで待っててくれ!」

 

 駅員:「わかりました。」


  ・
  ・
  ・

 5時間後。

 

 客:「お待たせしました。」

 

 駅員:「じゃあ、出発しまーす!」

 


 これに対して、インド人はまったく文句を言わない。日本では考えられないですよね?(昔の話なので国が違ったらすいません。。)

 

 また、電車1分遅れると、構内アナウンスで謝罪。こんなの日本くらいです。僕が一時期カナダに留学していた時は、バス停に1時間に何本という表示しかされておらず、何分に来るかは不明。同じ方面が3台同時に来て、最後のバスは「途中で同じのばっかりだから、行先変えますねー!」なんて言って、行先変更してしまったりする。

 それどころかバスの運転手が、途中で「お腹すいたからピザ買ってきますので、待っててください!」なんてことも。。『マジか!?』って正直思いました。
こうなると、ルールだから!とは言えないですよね?


 それなら、『待ってる人に迷惑だから!』と言われて、待ってる側が『全然平気だよ!』って言ってくれたら、理由から削除されますよね?
 
 
ちょっと意地悪な感じになってしまったので、解答をいいます!それは、人の時間を盗んでいるからなんです!(持論ですが。)
 
 約束した時間に来ないと言うことは、その待っている時間は無駄となります!それは、たとえ『気にしないよ』って言ってくれても、盗んでいることには、変わりがないのです!

 

 じゃあ、どうしたらいいのか?それは、約束の30分前に着くように行くべきなのです!!


 『いやいや、そしたら、こっちの待って時間が無駄じゃないですか!』ってツッコミを受けそうですが、それは違います!最初から待つつもりで行くのです!待つ時間に何かをするつもりでいればいいのです!


 読書するための本を持って行くでもいいし、待ち合せ付近を散策するもよし!そうすることで新しい発見があるかもしれないですし、もしかしたら素敵な異性に出会うこともあるかもしれません。


 そして、もし相手が早く来てくれれば、早く用事が済むし、時間通り来てくれればスムーズに打合せに入れる。相手が遅れ来てくれた日には、有利に話が出来ることもあるかもしれません!たったそれだけのことで、心に余裕が出来て、人からの評価も変わるのです!

 そんなことに、若かりし頃の僕は気付きませんでした。それでどれだけの信頼を失ってきたのかと思うと、ゾッとします。(;´д`)
 
 じゃあ、今はと言うと基本的は、始業時間の1時間前に出社して、読書やブログの時間としてます。おかげで、電車遅延が起きても、遅刻することはなくなりました!
 
 そして、別の機会で書かせて頂きますが、朝というゴールデンタイムを有意義に使えています!仕事を効率的に進めるためのちょっとした工夫で、大きな変化を与える事が出来ました( ´ ▽ ` )ノ
 
皆さんも明日から早起きしてみませんか?世界観が変わりますよ!