ネットワークエンジニアの休息

1,000人の会社でNo.1になる方法。きっと何かを変えるヒントがあると思います!!

【ネガティブ思考の方必見】無敵の思考を持てれば、人生は変わる。

こんにちは!カズです!

 

 

 今回は、『無敵の思考 ――誰でもトクする人になれるコスパ最強のルール21』について書かせてもらおうと思います。

 

 

f:id:kazu-network:20170927224527j:image

 

 僕がこの本に知り合ったのは、ある週末にふらっと本屋に立ち寄ったところ『無敵』って言葉に反応。なんとも子供っぽいのタイトルに惹かれて手に取ってみると、著者は、2ch創設者のひろゆきでした。『あー』って納得(笑)

 

 きっと、今までの本に書かれていないようなことが書かれているんだろうなって思って、即購入。前もって言わせてもらいますが、この本はクセが強いです。そのため、全部を受け入れる必要はないと思います。著者も言っていますが、1つでも役に立つことがあれば、取り入れてみればいいのだと思います。

 

 

 まず、僕が読んでみて学んだことを3つほど紹介させてもらいます。

 

 ルール1 何事も最初は「仮説」を立てる

 ② ルール3 「根拠のない自信」を持つ

 ③ ルール8 「記憶力」を気にしない

 

 

① ルール1 何事も最初は「仮説」を立てる

 

f:id:kazu-network:20170926234153j:plain

 僕も、資格取得のテクニックとして、まずは『仮説を立てる』というプロセスを大切にしています。その際には、『どの問題集をどれだけやったら、絶対に受かるはず!また、その問題集はどれだけの時間で完全にマスタ出来るはず!』と仮説を立てて、それを愚直に実行するだけ。

 今回、ひろゆき氏が言っている仮説というのは少し違っていて、常に最悪の仮説を立てるということです。この最悪な仮説が実際に起きてしまった場合、どう対応するのかを考えつくしておけば、それ以上最悪な状態にならないため、どんなことにもチャレンジできる。これは、この本の最も重要な思考となっているように思います。

 

② ルール3 「根拠のない自信」を持つ

 

f:id:kazu-network:20170927001909j:plain

 『根拠のある自信』は、いつか失う可能性がある。というのは、裏付けほど脆いものはないとのことです。例えば、一流大学を出たとか、大企業に就職できたという根拠に対して、会社が倒産した、リストラにあったなどが起きた時点で、その根拠はなくなります。

 ですが、『根拠のない自信』は無敵です!だって、そもそも根拠がないんだから、根拠が崩れようないですよね。例えば、『世の中の半分以上の人が出来ることは、自分も出来る!』というロジックがあったとしましょう。論破することは可能でしょうか?そんな考え方が出来れば、強くなれる気がします。

 

 

 

③ ルール8 「記憶力」を気にしない

 

f:id:kazu-network:20170927002027j:plain

 僕は、会社内でも有名な程、記憶力がないです。 打ち合わせの内容どころか、人の名前も顔も覚えないのはしょっちゅうですし、それどころか打ち合わせがあったことすら覚えていないこともあります。最近は、覚えようとすることを諦めて、必ず、他の人を連れて行って覚えておいてもらうこともあります。(議事録を取ってもらったりしてます。。)ここでは、2つの観点で述べられています。

 

・ 忘れても同じメンバーで、同じテーマについて話せば、同じ結果になるはず

 前回の打ち合わせメンバーで話せば、同じ結果になるので、記憶力がなくても平気なはずだし、もし、違う結果になったのであれば、前回よりもより良くなっている。だから気にしなくていい。

 

・ どうしても覚えるのであれば、内容ではなくロジック

 ただ、打ち合わせの内容を覚える必要はなく、どうしてその結果になったのかを覚えるほうが重要。そして、その方が覚える内容も少なくて済む。 

 

 

  以上の内容の他にも18個のルールが書かれています。その内容によっては、あまり共感できないルールもありますが、だからと言って読まないというのは、間違いかと思います。自分にない考え方がそこにあるのであれば、読んでみた方がいいと思います。

 

 最後に、最も共感出来たことを伝えます。

 それは、終章の『二極化の未来に備えよう』に書かれてありますが、『スキルを得るためのスキル』を身に付けましょう!ということです。今や、AI、IoT、自動化などで人の仕事は、どんどんなくなってきている。つまり、一生懸命身に付けたスキルは、不要なる可能性があるのです。そこで、なんのスキルを身に付ければ大丈夫って言える人はいないのではないか?

 そうであれば、僕らに求められるのは、スキルを得るためのスキルなのだと思います。これがあれば、自分の仕事がなくなっても次のスキルを身に付けることが出来る。これが、最悪の状態になった時を想定した対応策なのだと思います。これが無敵の思考なのだと思います!