ネットワークエンジニアの休息

1,000人の会社でNo.1になる方法。きっと何かを変えるヒントがあると思います!!

【AWS(Amazon Web Services)】インスタンスタイプとAMI

こんにちは!カズです!

 

 今日は、AWSAmazon Web Services)のインスタンスタイプAMIについて勉強した内容を書いていこうと思います。前回のブログもよければ読んでもらえると入りやすいかもしれません。

 

www.kazunetworkpm.xyz

 

インスタンスタイプ

  まずは、先に知っておかなければいけないのが、EC2インスタンスという物です。これは、一言でいえば、AWSクラウド内で起動する仮想サーバのことです。AWSのEC2インスタンスを起動させるには、まず、インスタンスタイプという物を選びます。初めての人は、『インスタンスタイプってなんなの?』って思いますよね?インスタンスで使用するハードウェアのセットのことです。つまり、インスタンスでやりたいことに合わせて、CPUの処理能力や、メモリ容量、ネットワークのスループットを選定することです。これがタイプ毎に特徴があるので、ユースケースに合わせて選定すればいいのです。

インスタンスタイプの特徴については、別途、書きますね。公式サイトは以下にありますので、参照してください。

aws.amazon.com

 

 

AMI 

 

 次にAMI(Amazon マシンイメージ)についてですが、これは、インスタンスで使用するソフトウェア構成(オペレーティングシステムアプリケーションサーバー、アプリケーションなど)のテンプレートのことです。何のためにあるのかというと、同じサーバを複数台作成するとします。そのたびにOSを決めて、セキュリティパッチなどのアップデート、ソフトウェアのインストール…こんなことをしていたら、めんどくさいですよね?これをテンプレート化して、AMIを選定するば、準備完了!となる仕組みになっているのです。

 

docs.aws.amazon.com

 

 インスタンス作成時に選択できるAMIは大きく分けて2種類あります。1つは、AWSが提供するAMIで、もう1つがCommunityが提供するAMIです。Community AMIとは、有志の開発者たちが提供しているAMIであるため、用途に合うものが見つかれば整った環境からの開発になるため、ものすごく楽です。ただし、AWSが提供しているAMIでないため、統合性や安全性が保障されているわけではありませんので、注意が必要です。

 

 

**********

 

 今回は、AWSインスタンスを作成するのにまず必要となるインスタンスタイプ(ハードウェアのセット)とAMI(ソフトウェア構成)を簡単に解説してみました。玄人さんから見たら簡単すぎてつまらないかもしれませんが、まずは、初めてAWSに触れてみる(触れてみたい)という人向けのブログを書いていこうと思いますので、お付き合いいただけると幸いです。また、私の知識不足で誤った記載がありましたら、遠慮なくご指摘いただけると助かります。

 

**********